精力剤で敏感な亀頭を治す

精力剤って何?

精力剤とは、文字どおり「精力を増強させるもの」

 

  • ペニスを勃起状態にさせる
  • ムラムラとした性欲を増大させる
  • 精子の回復力を高めて射精をしやすくさせる

 

さまざまな目的があって、バイアグラの用な医師の処方が必要な薬から、精力増強の漢方などから作られたサプリメントなどもあります。

 

今現在、精力を増強させる成分として有名なのが

 

  • アルギニン
  • シトルリン
  • 亜鉛
  • マカ

 

といった成分で、これらを豊富に含んでいる精力剤は、現役のAV男優も日頃から飲んでいたりします。
参考:AV男優ってどんな仕事? カリスマ男優しみけんに一日密着してみた - トゥギャッチ

 

さて、これらの精力剤(サプリメント)ですが、亀頭の敏感な状態も治すことができるのでしょうか?

精力剤では亀頭の敏感な状態は治らない

結論から言うと、精力剤では亀頭の敏感な状態は治りません。

 

精力剤はあくまでも「精力を増強させるもの」です。
精子の回復力を高めるなど、身体的な部分で効果を発揮する成分もありますが、亀頭の皮膚を強くして敏感な状態が治るような成分は含まれていません。

 

一般的に、亀頭は皮がむけていくことで、外部の刺激に徐々に慣れていって強くなっていきます。
亀頭の皮が厚くなり、ある意味鈍感になることで、亀頭の敏感な状態がなくなっていきます。

 

包茎(仮性包茎・真性包茎・カントン包茎)の場合、そういった外部の刺激にさらされることがないので、亀頭が刺激に慣れて強くなることがありません。だから敏感な状態が続いてしまうわけです。

 

この状態に対して、包茎クリニックなどでは、亀頭にヒアルロン酸を注入することで治療します。
ヒアルロン酸を注入することで、亀頭の皮に抵抗力が出て、外部の刺激に強くなり敏感な状態が治ります。また、ヒアルロン酸注入は亀頭のサイズ増大も期待することができます。

 

市販の精力剤にそこまでの効果はありません。

 

精力増強や精子の回復力アップなどは効果がありますが、精力剤を飲んだからといっても亀頭は強くなりません。

亀頭を強くするためには治療しかない

結局、敏感な亀頭を治すためには、外部の刺激に強くなるしかありません。

 

包茎ならば、包茎手術を受けて包茎を治して、外部の刺激にさらさせて徐々に慣れるしかありません。
また僕のように、包茎手術と一緒にコラーゲンやヒアルロン酸を注入して、短期間で強くする方法もあります。

 

ただいずれにしても、クリニックに通って治療が必要なことで自分で治せるものではありません。

 

包茎や亀頭のことについて調べていると、「自分で皮をむくクセをつければ治る」みたいなことが書かれていたりしますが、自分で皮をむく程度で包茎は治らないし、亀頭の敏感な状態も治りません。

 

亀頭が敏感な人はほぼ包茎ですが、その包茎はペニスのサイズに対して包皮が長いため皮をかぶってしまいます。
つまり、皮の長さをなんとかしない限り、包茎はいつまで経っても治りません。

 

亀頭の敏感な状態を治したいのなら、精力剤を飲んでもお金のムダです。

 

それよりもクリニックに通って、自分のペニスの状態を診察してもらい、適切な治療を受けてください。
治療を受ければ、違和感や問題なく、あっという間に悩みが解決してしまいますよ。