太く大きく逞しい亀頭

小さい亀頭はペニスが情けない印象になる

ペニスの長さよりも重要なのが亀頭のサイズです。

 

いや、むしろ亀頭が小さいこと自体ペニスを小さくさせてしまっているのですが、いわゆる「先細り」と言われる亀頭の小さいペニスは、弱々しく情けない印象を与えてしまいます。

 

女性の前ではもちろん、温泉や銭湯にいっても恥ずかしい思いをしたくないですよね。
できることなら亀頭のサイズを大きくして、太くて逞しいペニスを手に入れたくないですか?

 

でも、亀頭のサイズは自分で治すことができるのでしょうか?

亀頭のサイズは自分では大きくできない

結論から言うと、亀頭のサイズは自分では大きくできません。

 

亀頭の敏感なこととは違い、大きさを自分で変えることはできません。

 

包茎矯正器具でも治らない

 

包茎が原因で亀頭が小さいのであれば、自分で包茎を治せば大きくなるかもしれません。
ですが、そもそも包茎を自分で治すことは難しいです。

 

真性包茎やカントン包茎はもちろん、仮性包茎も自力で治すのは不可能です。
仮性包茎の矯正器具も市販されていますが、長く着けていても、矯正器具を外した途端包茎に逆戻りです。包皮の長さが包茎の原因だから、包皮を切除しなければ根本解決にはならないからです。

 

ペニス増大サプリでも治らない

 

ネットなどで購入できる「ペニス増大サプリ」でも根本解決にはなりません。

 

ペニス増大サプリは、ペニスの血流を改善して「ペニスを少し興奮させた状態」にしておくものです。

 

ペニスは寒いと縮んだり、暖かいと大きくなったりしますが、興奮して少し火照った状態のペニスになると思ってください。

 

自分のマックスサイズにはなりますが、もともと小さいペニスが大きくなるわけではありません。当然のことながら亀頭も大きくなりません。

亀頭増大の治療しか方法はない

自分で亀頭のサイズを大きくできない以上、亀頭増大の治療をして大きくするしか方法はありません。

 

包茎クリニックでは、包茎の手術の他に

 

  • 亀頭のサイズを大きくする治療
  • 敏感な亀頭を治す治療
  • ED(勃起不全)を治す治療

 

などを扱っています。

 

亀頭のサイズを大きくする方法は、具体的にはヒアルロン酸の注入です。

 

亀頭全体に注入したりカリの部分にだけ注入したりして、理想の形と大きさになるように治療をします。

 

ヒアルロン酸の効果は1年〜2年と言われていますが、一度大きくなると完全に元どおりの先細りに戻るわけではありません。ある程度大きさは残ります。

 

亀頭が大きくなると、ペニス全体のサイズも大きくなり、ペニス全体が太くて逞しい印象になります。

 

勃起していない状態でも逞しい印象になるので、温泉や銭湯でも恥ずかしくないし、女性の前でも堂々とすることができます。

 

亀頭のサイズを大きくしたいのであれば、ぜひ包茎クリニックで亀頭増大治療を受けてみてください。

 

亀頭にヒアルロン酸を注入するといっても痛みはほとんどないし、切ったり縫ったりするわけではありません。ペニスの治療の中でもっとも安全で簡単に受けられる治療ですよ。