敏感な亀頭は包茎を治すこと

敏感な亀頭は自分でも治すことができる!

亀頭が敏感で悩んでいる男性は多いです。

 

主に包茎の人に多い症状ですが、亀頭が外部の刺激に敏感で、亀頭に手やモノが触れると「おおぅっ!」といったようなくすぐったいような感覚で腰が引けてしまいます。

 

包茎(仮性包茎・真性包茎・カントン包茎)の人は、普段は亀頭が包皮で覆われているため、外部の刺激になれていなくて敏感な状態です。勃起したり皮をむいたりしたときに亀頭が刺激に弱い状態になっています。

 

困るのがパンツの中で勃起して皮がむけたときやセックスのとき。

 

パンツに亀頭が擦れて腰が引けてしまうような感覚になります。また、敏感な状態がひどい人だとまともにセックスすることもできません。亀頭が敏感な状態なので、挿入しようとしてもできなかったり、感度が悪くて気持よくなれないからです。

 

そんな敏感な亀頭も、自分で治すことができます。

 

  • 包茎が治らないと、敏感な亀頭も治らないんじゃないの?
  • 包茎クリニックで治療が必要なんじゃないの?
  • 自分で治すってどうやるの?

 

このサイトでは、実際に亀頭の敏感さを克服した管理人の体験談をもとに、亀頭の敏感さを治す方法をご紹介します。僕の個人的な体験談ではありますが、敏感さを克服した実体験としてご参考にしてみてください。

亀頭の敏感な状態を治す方法

亀頭の敏感な状態を治すためには、大きくわけて2つの方法があります。

 

  • 外部の刺激に強制的に慣れさせる
  • 増大サプリで亀頭を強くする
  • 包茎クリニックで治療する

 

外部の刺激に強制的に慣れさせる

 

外部の刺激に慣れさせることによって、亀頭の敏感さを克服します。

 

慣れる期間に個人差はありますが、大体3ヶ月〜半年くらいで慣れて、1年する頃には普通に触れても全く問題ない状態になります。

 

そのため、外部の刺激に慣れるためには、常に亀頭を露出しておくことが必要ですが、包茎の種類によって自分でできる対応が違います。

 

仮性包茎の場合

仮性包茎の場合は、亀頭にかぶっている皮を自分で簡単にむくことができます。ちょっとむけばしばらく亀頭が露出する状態になるので、暇があるときに自分で何回もむくようにしてください。

 

しばらくすると皮がかぶってしまうのですが、何度も繰り返しているうちに亀頭が刺激に慣れていきます。

 

ただ、それには一日に何回もちんこをいじることになるので、「仕事もあるし、そんなちんこばっかりいじれないよ」というときは、仮性包茎を治す「包茎矯正器具」を使ってみてください。

 

リング状になっている器具で、亀頭のカリの部分にひっかけて包皮を留めておく器具です。

 

▼仮性包茎を治すリング状のグッズはコチラ▼

 

非常に小さいのでパンツの中で邪魔にはなりません。まあ、亀頭が露出していることで「おおぅっ!」って感覚はしばらく続きますが。

 

包茎矯正器具なら自分で皮をめくる必要もないし、常に亀頭が露出している状態になるので、敏感な状態が治るスピードも早いです。

 

ただし、僕の場合はコレを使っても亀頭の敏感さはなくなりませんでした。

 

真性包茎・カントン包茎の場合

真性包茎やカントン包茎は自分で皮をむくことはできません。無理にむこうとするとケガをしたり病気の原因になってしまいます。

 

そのため、真性包茎やカントン包茎の人が亀頭の敏感な状態を治すためには、包茎手術をして亀頭を完全に露出させるしかありません。

 

仮性包茎のように簡単にむくことができれば自分でも治すことができますが、真性包茎やカントン包茎は自分で治すことができません。そのため包茎手術が必須となります。

 

包茎手術をすると、通常時も勃起時も常に亀頭が露出した状態になります。包茎矯正器具を使う時のように、最初は敏感な状態が続きますが、3ヶ月〜半年するくらいで亀頭が強くなり、敏感な状態が解消されます。

 

包茎手術の詳しい内容については、以下のようなサイトにまとめがあります。自分が真性包茎なのか?カントン包茎なのか?もしそういった包茎ならどうしたらいいのか?などわかりやすくまとまっているので、ご参考にしてみてください。

 

包茎の種類と手術についてはコチラ

増大サプリで亀頭を強くする

ペニス増大サプリを飲むことで、亀頭が強くなり亀頭の敏感さがなくなります。

 

volstar_02

 

僕は増大サプリを定期的に飲むことで、亀頭の敏感さを克服しました。

 

僕自身、包茎手術で敏感な亀頭が治りました。

 

ペニス増大サプリとは、文字通り「チンコを大きくするサプリメント」です。

 

ペニス増大サプリには、以下の3つの効果があります。

 

  • チンコをでかく大きくする
  • 体に活力と精力を出す
  • 亀頭を太く強くする

 

チンコをでかく大きくする

 

チンコは大人になってからでも大きくなります。

 

チンコは思春期を過ぎると大きくならないと思っている人も多いですが、それは違います。なぜなら、チンコは海綿体細胞と呼ばれる細胞と筋肉からできているからです。

 

背(身長)は思春期を過ぎたら伸びません。それは、背の高さが「骨」で決まるからです。骨は思春期(成長期)を過ぎて成長が止まるとその後は伸びません。

 

ですが、細胞と筋肉は違います。大人になってからでも栄養が多ければ細胞が太るし、筋トレをすれば筋肉が肥大して大きくなります。

 

チンコも、チンコの成長に必要な栄養(成分)があれば成長します。

 

そして、その成分を効率よく摂取できるのが「ペニス増大サプリ」です。

 

バイアグラのような飲んですぐにギンギンに勃起する速効性はありません。ですがサプリメントなので、毎日継続して飲むことで徐々に確実に大きくなっていきます。通常時のチンコも大きくなります。バイアグラのように数時間で効果が終わるものではありません。

 

体に活力と精力を出す

 

増大サプリには、精力増大・滋養強壮の成分も配合されています。

 

  • 日々疲れやすくなった
  • セックスしようとしても体の元気・やる気がでない
  • セックスしたくてもチンコの反応が悪い

 

といった症状も改善する効果があります。

 

亀頭を太く強くする

 

チンコが大きくなるということは、亀頭も大きくなります。

 

亀頭が太く大きくなることによって、仮性包茎が治るケースもあります。そして亀頭が強くなるケースがあります。

 

それがまさに僕の状態でした。

 

それまで、包皮(チンコの皮)が亀頭の半分以上かぶった仮性包茎でしたが、増大サプリを毎日飲むことで亀頭が徐々に太くなっていって、平常時でも亀頭がほとんど出ている状態になりました。

 

これは、増大サプリを飲んだことで

 

  • 亀頭が大きくなり皮がなくなり常に外部にさらされるようになった
  • 太くたくましくなることで亀頭自体が強くなった

 

という効果があったからだと思います。

 

もともとは、小さいチンコ(短小ペニス)をなんとかしたいと思って飲み始めた増大サプリでしたが、チンコの大きさと一緒に亀頭の敏感な状態も治ったので、想定外の嬉しさでした。

 

僕のチンコを大きくして、亀頭の敏感さも治したのは「ヴォルスタービヨンド」という増大サプリです。

 

volstar_03

 

市販されているペニス増大サプリの中で、人気・実績(販売数)ともにNo.1の増大サプリです。

 

最大の特徴は、増大成分の摂取量の多さです。

 

増大サプリに配合されている増大成分は「シトルリン」と「アルギニン」という成分ですが、この2つの成分は基本的に成分の量(粉末の量)が多くなればなるほど効果を発揮します。

 

ヴォルスタービヨンドは、1カプセルのサイズが545mg(内容量445mg)で、数ある増大サプリの中で最大サイズです。

 

1粒に多配合されているサプリを1日3回摂取します。
だから、増大効果が抜群なんです。

 

僕と同じように、チンコを大きくして亀頭の敏感さを治したい方は、ぜひ一度試してみてください。

 

volstar_01

包茎クリニックで治療する

包茎クリニックでは、包茎手術の他に亀頭を強くするための治療もあります。

 

亀頭にコラーゲンやヒアルロン酸を注入する治療ですが、短期間で亀頭が強くなるし、亀頭増大(ペニス増大)効果もあります。

 

効果も長期的に持続するし、1回の治療ですぐに確実に亀頭の敏感さが治るというメリットがあるのですが、チンコに注射を打つということと、治療にまあまあのお金がかかるというデメリットもあります。

亀頭の敏感な状態は自分で治せる!

亀頭が敏感な状態は自分で治すことができます!

 

  • 日常生活に支障がある
  • セックスが楽しめない
  • 感度が悪い

 

こんなような状態も、敏感な状態が無くなれば解消されます。

 

ぜひ今回ご紹介した亀頭を強くする方法を試してみてください。

 

まずは自分でできること

 

  • 包茎を矯正するグッズを使う
  • 増大サプリを飲む

 

といったことから始めてみましょう。
お金もそれほどかからないし、続けることで確実に効果が期待できる方法です。

 

堂々とさらけだせる刺激に強い亀頭を手に入れましょう!

 

▼僕が亀頭の敏感さを克服するために飲んだ増大サプリはコチラ▼
volstar_01